« いきなりステーキ行ってますが | トップページ | プラハからデュッセルドルフへ »

2017年8月 9日 (水)

1y9m0dもう1月経った。

この前1歳8月になったと思ったらもう1月経ってしまった
あと3月で2歳。
ていうか育休のタイムリミットが。
この1月も言葉も行動もとても成長しました。
大好きな歌も何を言っているか聞き取れるくらいに上達
きらきら星
カエルの合唱
ぞうさん
などなど、やっぱり童謡が好きみたいです。
アンパンマンの歌は無条件で好きだけどね。
ちょっと違うなっていう言い方もちゃんと言えるようになってたりして少し寂しい
電車ごっとんからでんしゃ
たまに言い直したりもしてる。でもまだ気を抜くとごっとん!って言ってるからちょっと癒し。
かばおくんかばばって呼んでたのにかばおくんって言うように。
ばいきんまんにゃっちって呼んでいていつの間にか言う頻度も減ってきて、きんきんまんって言うように。
ドキンちゃん呼べなかったのにきんきんちゃんといつの間にか呼んでいました。
チーズも言えてた。
毎日一緒にいることで初めて言ったタイミングとか知ることができるし、2人でいることにもメリットは感じられます。
うちの息子は比較的に昼寝をした後に言い方変わってたりということが多いです。
一生懸命二語文を話そうとしています。
まま、かぁわいい
など、多分?好きなものに対して可愛いと言うようになったけれど
時呂律がうまくまわらなくて言えない時があってそんな時は何度も言い直してまま、かぁわいいとちゃんと分かるように言ってくれます。
几帳面というか、真面目というか
、おいしい
、すき
、あった
など言いたいことはわかるようになりました。
私が少し?な顔をしていると、息子も一生懸命伝えようとしてくれてそれがまた可愛いです。
お気に入りのもの。
ヤマトのミニカーが大好き
クール便と普通の車と車体が長いのがあります。
これ結構重さがあるのに夫の頭を殴り、トラックはすごい重いので片付けてあります。
それでも怒らない夫。優しすぎ。甘い。
にゃんにゃんにゃん号
と呼び、外でたくさん見かけるのでにゃんにゃんにゃんごう!と連発して忙しそうです
この動物たちもお気に入り。
ぞうさんしまうまきりんさん
は言えるようになりました。
こうやって並べたり、何かに乗せたりするのが好きみたいでも息子が自分で乗せていました。
こういう日の遊びを見て、2歳の誕生日プレゼントどうしよと悩んでいます。
1歳の時はボーネルンドのゾウのやつとか買ったんだったなぁ。大して使ってないけど。
ルーピングも時出してきて遊んでたりします。
息子に合うおもちゃを見つけてあげられるといいな。
ちなみにこの前おもちゃ屋にあったプラレールで30分以上居座って無理やり離して帰りましたプラレールすご。
大人と同じものが食べたい。
息子用のご飯ではなく、大人のお皿から欲しがって下手すると息子用のご飯すら食べなくなります
いちいち注意するのも面倒くさくて。
この前も餃子作って、前に皮が嫌そうだったから中身でハンバーグっぽく作ったのに餃子欲しがり結局そっち食べたり。
皮、好きそうでした。
ムネ肉のピカタみたいなやつもよく食べてくれます
取られることを前提に、以前作ってた時よりは味を薄めにするようにしています。本当は濃いのが好きだけど
私が無類の納豆好きで毎日食べてるのですが、そうすると息子も欲しがるので息子も毎日納豆になっています。身体に良いしね
あ、あとおこわが好きっぽい。
大人と同じ量食べるからお腹ぽんぽこりん。
最近ようやく何でも手で掴んで食べるようになりました。
それでも一回一回拭いてーとアピールしてくるからちょっと面倒くさい。
スプーンやフォークも徐に上手になっていき、コップ飲みも目は離せないけど練習してない割に飲めるようになっていて本能的なやつなのかなーなんて思っています。
食べ終わった後は食器の片付けを一緒にやってくれます。
褒めるとすごい嬉しそう
こう、まとめてみるとあれやらなきゃこれやらなきゃも悩んでいたことは気づけばできるようになっていたなんてことが多いです。
今のところ野菜の好き嫌いも無さそう。
きっと2歳になるまでの3月、もっともっと大変なんだろうな。
今、常に私にくっついていて甘ったれ度が半端ないし、それはそれで可愛いけど毎日だとちょっとうんざりもしてしまうけど
それが今だけだと思って深呼吸して私も息子にべったりしてみようかな
っていう気持ちでいるも少しは楽しくなるかもしれない。
息子を産んで1年9月。
やっと自分の中で楽しく育児をするにはって考える余裕ができてきたかも。
いつ社会復帰するかも、できるかも分からないけど
今べったりできる時間を大事に大事に過ごせたらいいな、と改めて思います。
相変わらずのネコ好き

« いきなりステーキ行ってますが | トップページ | プラハからデュッセルドルフへ »